ヘッダーロゴ

ボーム&メルシエワールドのブログです

ボーマティック

ボーム&メルシエのボーマティック!ショートムービーが面白い!

投稿日:

ボーム&メルシエは、この春に初の自社開発キャリバーを搭載した自動巻き腕時計「ボーマティック(BAUMATIC)」を発売しました。様々な機能を備えたボーム&メルシエ新しいラインですが、そのショートムービーが注目をあびています。直接的に宣伝するのではなく人間の直感に働きかけるような動画です。興味深い内容ですので紹介しますね。ぜひ御覧ください。

 

直感に訴えるボーム&メルシエのショートムービー

ボーマティックのショートムービーは、全部で4つありますので、順に紹介しますね。もしかしたらすごく欲しくなるかもしれませんね。

直感に訴えるボーマティックのショートムービー①

1つ目の動画は、ヒゲゼンマイで機械式時計の弱点であった磁気に対する耐性が向上して日常生活で機械式腕時計が問題なく使えることを訴える内容です。

直感に訴えるボーマティックのショートムービー②

2つ目のショートムービーは、ボーマティックの性能をアピールしています。ボーマティックは、パワーリザーブが、なんと120時間もあるのです。一般的な機械式は、40~50時間なので圧倒的で。正直、ちょっと驚きました。

直感に訴えるボーマティックのショートムービー③

3つ目のショートムービーは、精度についてです。機械式の永遠のテーマでもあります。電波式やクォーツに比べて劣る精度を高めたことを表現しています。自社開発のキャリバーが正式な認証を受け、1日の誤差が5秒前後に収まっていることが確認できます。

直感に訴えるボーマティックのショートムービー④

4つ目のショートムービーは、耐久性についてです。10年以上の使用を想定したストレステストを繰り返しメンテナンスサイクルを5年以上に伸ばしていることを表しています。動画の最後の「See You Later」という言葉通り。スイスメイドのボーム&メルシエの機械式時計だからこそ永く愛用できるのです。

4つのショートムービーは、いかがでしたか?ボーム&メルシエの腕時計制作へのこだわりも垣間見えた楽しい内容だったと思っています。ここで取り上げられているボーマティックは入荷しましたらまた報告させていただきます。

【参考・引用:WWD(https://www.wwdjapan.com/)】

 

街角ボームアンドメルシエ

実際に街角に出て見たわけでわりませんが、SNSにみなさんご自慢の素晴らしいボーム&メルシエがたくさん出ています。世界中で、どのようにボーム&メルシエが愛されているかも紹介しますね。

The weekend is so close, you can almost taste it

Bryan Campbellさん(@businessbryan)がシェアした投稿 –

かっこいいクリフトンの腕時計ですね。シェルビーコブラ シリーズですが、残念ながら当店での取扱はありません。また、入荷できましたら報告いたします。

 

当店、自慢のサービス!イメージ違いでも交換・返品を承ります

お客様に最高の満足をお届けするため♪

どんなことでも構いません。

お気軽にお尋ねください。

お問い合わせはこちら→お問い合わせ

ショップはこちら→ボーム&メルシエ|Baume&Mercierの時計通販店舗 ボーム&メルシエワールド

お客様の“最高の満足へのこだわり”を大切にしております。

ボーム&メルシエワールドをどうぞ宜しくお願いいたします。

 

-ボーマティック

執筆者:

関連記事

雑誌掲載、ボーマティックのパワーリザーブが評価されました。

新年明けましておめでとうございます。本年もボーム&メルシエワールド並びにこのブログをよろしくお願います。早速ですが、GooDs Pressの2019年1・2月合併号にボーム&メルシエの …